小鳥の遊び場

詩と文のライブラリ

『それはいきなりやってきた』

16時半。あたりは夕暮れ。騒がしい駅前商店街を抜けた先の、小さな裏路地。秋風に揺れる金のセミロングの髪を払い除けて、彼女は降り立った。真っ白なロングワンピースがふわりと靡く。少し汚い路地の砂埃を円状に弾き飛ばし、これまた真っ白なハイヒール…

今日の単語から「浮き足立つ」

Windowsを久々に開いてみて私は驚いた。本日の単語なんて機能があるのね。この機能を使えば、お題を毎回考えないですむじゃない。とてもありがたい機能ね。さて、本日のお題が今回の題なのだから、この題に沿って書いていきましょ。

彼女と私

「生きたい」その一言が私達を生んだ。私は人格。本体のサブ的立ち位置。私は彼女のを願いを叶えるために生み落とされた。彼女が心の底から願ったこと、それはわからない。何を願い、何を私は叶えたら良いのか、全くわからない。ただ、彼女の願いを叶えたら…

天国のような無意識

心が私達には足らない。そう思わざるを得ないことが起きてしまった。人が1人、死のうとした。間接的に私達のせい。私達がもっと上手く『解離という本能』に強くなっていたらこんなことにはなっていなかった。自分に甘すぎる。人を見ろ。他者を守れ。これが…

龍と蛇と水瓶と

砂漠に黒い蛇が一匹。オアシスに向かい、急いでうねる。オアシスは、楽園だ。遠くの方に見える緑に、蛇は、オアシスが近いことを悟る。スピードを上げよう。手足のない蛇は、地を這うことしかできない。それでも急いでオアシスに向かう。オアシスには何が待…

短編 小鳥の鳴く声に

夢から醒めて私の周りには誰もいないことを悟った。寂しい心の声。いつも一緒に居てくれてとても嬉しい。いなくなるとどうしても辛い。起きてよ。起きてよ。隣にいてよ。怖いよ。私は小さなことり。

割れた花瓶の声

激しく燃え盛る怒りは容赦なく心を燃やした。荒れ狂う心には容赦ない怒りの炎が移り心を燃やし壊そうとする。横からの水を蒸発させ、炎は怒りを媒介に大きく大きくなっていく。 忘れるでないぞ。人の子め、除け者にした罪は大きい。

生きる術と嘘つき

こんにちは。こんばんは。おはようございます。今回は生きる為に必要な嘘の話をしようと思うの。最近、私のブログ上げられていないでしょう?だから今回は私のブログにしようと思って。

いのち

感覚が薄れる中、濁流とせせらぎの狭間で 波を乗り越えていく

小鳥が遊ぶ庭の公園で

煌びやかな朝日ともに、小鳥の鳴き声が劈く。煩く感じるものの、朝の訪れをベッドの橋からの光で知らされたの。私は朝が好きだわ。一日の始まり。美しい小鳥の鳴き声。ああ、人の生き方を教えてくれる様な美しき朝。人の自由ではあるけれど私の一日を教えて…

壊れた文字と証 

過去は変える事はできない。破かれた文字には意味はなく、偽装を重ねた嘘には真実が宿る。ああ、なんて酷い今なのかしら。生きてる価値のない現在。裏と裏と表と裏。真実なんて過去には敵わないのよ。完璧なんて偽物の模造品でしかないわ。個性は異端と同じ…

雨と燕

最近の雨のせいで洗濯物が溜まるばかりの日々。今日も夢は地獄絵図。それでも朝はやってきて普通に起きている自分がいる。不思議なことに部屋は片付いていて、和室とかキッチンが使いやすくなっていた。最近、結婚をしたのだけど、そのおかげかしら?だとし…

トラウマの原点

ベルリンの壁。深い谷底を埋めるのは容易ではなく凄く苦しい選択を毎度迫られ、みんなのためと頑張ってくれるりーちゃん。しかし、本質は【甘えたい】なの。だから、りーちゃんは求める、毒としか思えない親にすがる。親が全てで親に嫌われるのが怖くて怖く…

長い夜

何の眠剤を入れても3時間ぐらいしか寝られない私たち。夜明けまだまだ時間があり、やることが無いので文を1つと思って出てきました。さっきまでは今いる人格のトラウマ表みたいなのを作成していたのだけど、あれ、かなりキツいわね。強制交代で違う子にな…

嬉しさと同期する恐怖

赤ちゃんが産まれるの来月。怖いのはこの体が赤ちゃんを見切れるかよ。勿論、いろんな手段は使うわ。それでも怖いのは変わらないわね。おなかの中にいる分には問題はないのよ。なんせ定期検診では「元気な赤ちゃん」と言われていたのだから。でも、怖いのは…

一人の時間と必要な時間

睡眠とは誰しもが必要とする時間よ。でも、世の中には寝られない人もいる事は確かで、私達もその一人。あえて一人と書いたのは、人格によっては寝ることができる子も居るから。しかし、一人の人として見た時には寝てはいない。薬の力でギリギリ寝れているだ…

心持ちひとつで変えられるものがあったなら

人の自傷行為は痛々しい。見てて悲しくなるわ。何があなたをそこまだ追い込んだのか。話して欲しかった。そんなふうに思ってしまう。悲しい出来事。

お仕事の時間

普段から私たちのお仕事は夜なのね。だから、普通に寝なさいと言われても中々難しい問題があるわ。気持ち的には有難い話なのだけど、人に不信感しか抱いたことの無い私には客の前で寝なさいなんて怖いことは無い。お金が盗まれやしないか、変なことされやし…

人生において必要なこと

人生において必要なことは、情報・知識だった。今、私の友達の話を聞きに来ていて、情報・知識が少ないとどうなるか知ったの。行政の対応、医者からの薬の情報、精神的な情報、必要なことが多くあった。私達はいろんな情報を人格を持っているから、一人ひと…

辞めた物に手を出した

恐ろしい夢を見た。時間の歪み。時空を場所が入れ替わり、立ち替わり、孤独な世界。十字架を背負ったあの日のこと。フィクションならどれだけ良かったか。過去の清算。時間は永遠。背負ったものは返せない。

音色

幸せな音色を感じる。人から言わせればそれはただの鼓動。でも、私には幸せに感じる音色。抱きしめる度に感じる音色は生きている証拠。私の隣にいてくれる証拠。それはとてもとても安らぐ音色で心から愛を感じる。幸せ音色とはこのことをさすのね。嬉しいわ…

人は人を選ぶ

友達と思っていた人から連絡して来ないでと言われた。って話。Twitterでの話になるわね。久しぶりに、私の見解を話すわ。

ひと時の幸せを噛み締める

ある日の昼下がり。寒い冬が近づく11月の日曜日。天気は良くて日差しが窓から降り注ぐ、ふわふわとした陽気のこの日。私は今、最愛の人の膝枕で幸せを感じている。猫のように擦りついてしまうのは仕方ないわよね。だって愛しているのだから。

心の声

声が呼んでいる。心の声。どこから聞こえて来るのかわからない心の声。私は答えたいと思った。歩く速度が速くなる。呼吸が荒くなる。冬の坂道。私は行く当てもないのに走った。

幸せな気持ちと過去の自分

私は本当の自分を知るまで、愛という言葉を禁忌と思っていた。愛とは好きという言葉よりも深く重く、相手を思い遣りつつ幸せを感じること。好きは自分の気持ちを一方的に押し付ける言葉。重さが全然違う。私は自分自身すら信用の出来ない、疑い深い人格。そ…

本能と愛

ホンノウニシタガエバ。 私は本能のまま、求めた。切ない声。私の本能は愛を求めた。愛を愛を愛を愛を愛を愛を愛を愛を!足りないもっともっと愛を愛を愛を愛を!

欲情と理性

崩壊間近の理性を保つのはとても大変で本当は本能のまま、野獣と化してしまえば楽になるものなのに、体が疼く。人格が私を狙っている事は知っていた。彼は今、理性を無くしてしまっている。勝負に固執している。野獣のように支配したい気持ちが爆発している…

僕とティアとの関係

パートナーとして初めて執筆してみようと思います。1つ前の記事「久々ぶりの感情」へのレスポンスを書いてみます。

久々ぶりの感情

人格にティアと言う子がいる。彼女の葛藤、恐怖心、怒り、悲しみが私に流れてきた。久々の人格感情の読み取り。理解なんていらない。ただ声が欲しかった。意思を伝えたかった。それだけの悲しき野獣の雄叫び。

欲深き現実

昨夜、夢の中で私は幸せを見た。彼と私、子供と幸せな、何一つ不自由ない生活。広い家にパソコンを叩く音。背中を見守るのは私とすやすや眠る子供の姿。家族。お金の心配も住むところの心配もない。幸せな生活。私はエプロンをして不慣れながら料理をする。…